まめじぇふ

まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ワクワクを心に届ける雑記!

20170201213610

初めてのウェイクボードたのすぃいいいいい!!!

スポンサードリンク

どうもじぇふです!

 

この前初めてのウェイクボードをやってきました!

前からずっと一度はやりたいなー。って思ってたんだけど今回ようやく叶いました!

横乗り系のアクティビティ好きだし経験で一回やっておきたいなー、って思ってたからやってみたんだけど

めちゃくちゃ面白かった!!

もう一回やりたいくらい!

 

ウェイクボードって何だ?

ウェイクだよ!

f:id:mamejeff:20170718230100p:plain

一つ上を行く全方位型ワンダーウェイク!!

 

ではなくてね。

 

脚に板くっつけて、ボートからテローンって伸びるロープを握って、ボートに引っ張ってもらって水上を滑る!

そんな感じのスポーツです

f:id:mamejeff:20170718231625p:plain

こんな風にガチャピンも挑戦してる最高に楽しいスポーツです!

スタイル出ててカッコいい!

 

まずはイメトレから

スポーツ全般をする時はとりあえずイメトレをしてます。

今回はイメトレって言っても寝る30分前にyoutubeで動画見てただけだけど。

とりあえずこんなのとか見てイメトレしてました


プロによるウェイクボードHOW TO【スケアクロウ/ScareCrow】

 

縦回転かっけえええ!!高さやべええええ!!!

動画でハウトゥも見たし一回目でジャンプ位は余裕だろお!って事で意気揚々と実践に挑みました。

 

レッツトライ

まずは船長さんのリクトレレッスンを受けました。

聞く話によると最初に立ち上がる時に足の角度が重要らしい。板を水面と45度に保ってロープを引っ張り返さない事が取りあえず立つポイントだとか。

 

まあ、スノーボード普段からやってるし余裕でしょーー!

 

って思っていたらウェイクの見事に洗礼をうけました、、、。

 

立てねえ、、、

船長のレッスンの通りの体勢を水面で作り、ロープを持ってスタンバります。

船長とは最新のブルーテュウウーーース無線で会話出来るから1人でプカプカ浮いてても寂しく感じ無いぜ!

船長「じゃあ今から前進するからしっかり踏ん張るんだよ。初めての事だから緊張しないでいいからねー」

なんて船長の優しい言葉と共にスタート!

 

ロープが張った瞬間全身にかかる圧力

ボードにかかる水圧

腕にかかるとてつもない引力

え、これホントにこっから立てるの?

 

ムリ!ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムっ、

ごぼぼぼごgおぼpっぼぼあばbふぁぼfば@p。。。

 

じぇふは川の藻屑となった。

 

 

という感じで、初めてって大体川の美味しい水が飲めて良い水分補給になるらしいです。

はい、ウェイクボードなめてました。

そして始まる前の意気揚々としたぼくは何処かへと消えていきました。

 

2度目のチャレンジ

とりあえず立てるかどうかでウェイクが楽しいかどうかが決まる境目に見えてきた。

ここはどうしても立っておきたい。立ったら後はスノボと似たような感じがするからせめて立つだけはしたい。姿勢はきっとこれで大丈夫だ。行ける、次は行けるぞ!

船長「じゃあ行くよー」

ブオオオオオオオオオオ

 

立てる立てるたてr ビンッ!(ロープが張る音)

うおお!!たえろおおおfぼあbjr「おpばおfぼあfばf。。。。。。

 

じぇふは川の藻屑となった。(2回目)

 

3度目の正直

船長「じゃあ少し別の方法で立ってみようか」

 

わかりました!

うおお!gぼぼぼぼぼあ」えwgじゃおえrごっば。

 

じぇふは川のgomiとなった。

 

4度目のなんとやら

正直この時点でかなりやる気うばわれてました。

水のむし、なんか腹に空気溜まってるし、めっちゃ辛い。これ楽しいのか?ただ辛いだけな気がしてきた。

でも

悔しいから絶対に立ちたい。

何がダメかを船長に聞いて足の角度を再確認してみる。

 

もう一度言おう!足の角度が最重要だ!

 

今度はこれでもかってくらい足のつま先を思いっきり倒していざトライ!

そして発進した瞬間に違いに気付いた。

 

あれ、抵抗が無い。立てる立てるゾ!!

うおおおおお!

スっ。

立てた!おおお!立てた!たてたぞおおおッ  バシャッ(エッジが引っかかる)

っぼぼあおばおhりおばっっふぁぼf。。。。。。

 

立てたらめっちゃ楽しい!!

4度目にして初の立ちに成功してめっちゃ感動しました!

そこから先はコツも完璧に掴んで立つのは余裕になりました

 

立てなかった時点でイメトレ通りじゃなかったけど、立ってからの滑る感覚はやっぱりスノボとはまた一味違ってターンもぎこちない、エッジングをどこまでかけられるかも探り探りで転けないようにビクビクしながら楽しみました。

 

とりあえず出来た事は

しょうもないターン

ボートで出来た波を乗り越える(トゥ側、ヒール側両方)

こんだけ出来れば最初にしちゃ上々じゃないって思ったけどどうなんだろ?

 

流石にジャンプしようとしたら軽くは跳んだけど見事に水面に落ちた。

調子乗るのは禁物です。

 

夏には最高のアクティビティ

正直立てなかったら全然楽しくないかも知れないけど、少なくとも立てた僕はめちゃくちゃ楽しかったです。寧ろまたやりたいくらいです。

板にもいろんな形状があって、それで出来るトリックも変わってくるらしくてウェイクもかなり奥が深そうなスポーツでした!

【ウェイクボード】CTRL(コントロール)「BLUEPRINT(ブループリント)」

スポンサーリンク