まめじぇふ

まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ワクワクを心に届ける雑記!

20170201213610

甥っ子がマリオメーカーをやらせてくる

スポンサードリンク

どうもじぇふです!

 

実家に帰ると時たま甥っ子が同時に来ている時があるんだけど、最近は3DSの「マリオメーカー」にハマっている。

 

マリオメーカーと言えば、歴代マリオのコースを自分で作って遊ぶことが出来るというなんとも画期的なゲームです。

甥っ子も色んなコースを作っているんだけど、先日あった時も楽しそうにマリオメーカーをやっていました。

 

甥っ子「あー!じぇふにいにおかえり!」

じぇふ「ただいまー!お、3DSでなにやってるの?」

甥っ子「マリオメーカー!ねえ、コース作ったからみてよ!」

じぇふ「甥っ子が作ったんか!どれどれ。」

 

甥っ子が作っていたコースはちょっと謎解きっぽい感じのもので、上手く足場を作って上にある土管の中に入ったり、隠れてる鍵を探して扉を開けたり、小2のクセにかなり凝ったコースを作ってやがった。

 

甥っ子「ここはねー、この甲羅をここに置いて、、、、ほら出来た!」

じぇふ「おおー!甥っ子よく考えたな!」

甥っ子「へへぇ!じゃあ次にいにがこのコースやる番ね」

 

え、

今その謎解きっぽいの全部見たよ?

こういうコースなら何も知らない状態からやらせてくれるものじゃないの?

甥っ子。おれやる意味ある?

でも子供からの誘いを断るわけにはイカない。

 

じぇふ「お、おう。やってやろうやないか。(見たけど。)」

甥っ子「じゃあはい!」

私は一度クリアの仕方を見せられたコースを自分でプレイしました。

じぇふ「よーし。この部屋は簡単だったね。次の部屋だ」

甥っ子「あ、次の部屋は難しいよ」

じぇふ「ホントだ、この足場ちょっとシビアだな。あ、あああ。また部屋の最初からか」

甥っ子「にいにじゃあここは僕がやる!」

じぇふ「 え 」

 

と言って甥っ子は強引に私の持っている3DSをふんだくった。

そして操作に慣れた甥っ子は、私より身軽にマリオを操作して簡単に部屋をクリアして見せた。

 

甥っ子「ほら出来た!」

じぇふ「う、うん。出来たね、、じゃあ次の部屋はにいn…」

甥っ子「あ、この部屋作るの大変だったんだ!僕やるね」

じぇふ「あ、、、甥っ子がやるの?うん、」

 

甥っ子「ここをこうして、、、こう、、、、ほら出来た!じゃあ次にいにやって」

じぇふ「やらせてくれのか!よーし!」

 

しかし、次の部屋がゴールだった。

じぇふ「あれ?もう終わり?」

甥っ子「そう!難しかったでしょ??」

甥っ子は満面の笑みで聞いてきたけど、

 

おれ難しい部分やってないし!!!

 

じぇふ(おれ、、やる意味あったのかな??)

 

この後もこんなデジャヴを繰り返しながらマリオメーカーを楽しみました。

 

PS.仕返しに超鬼畜なコース作ってあげて、クリア出来ないの見てほくそ笑んでました。

スポンサーリンク