まめじぇふ

まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ワクワクを心に届ける雑記!

20170201213610

おすすめ漫画 車椅子バスケ「リアル」15巻はいつでるんだ!

スポンサードリンク

 今パラリンピック盛り上がってますね!開会式では車いすでビッグエアーを決めて度肝を抜くなんて演出もあって、車いすでもあんな派手なエクストリームスポーツがあることを初めて知りました。

 そんな中で競技には車いすバスケもありますよね。今回は車いすバスケを題材にしたこの漫画を紹介していきます。

 

 井上雄彦さんが描くもう1つのバスケット漫画「リアル」

リアル 1 (Young jump comics)

「スラムダンク」が連載を終えてからの現在でもその人気は止むこと無く、最近までテレビ愛知で再放送もされていて子供への認知度もまた上がったんじゃないかなー。

本当に世代を超えて知られる名作ですね。

 私は井上雄彦さんの人間味あふれる絵とストーリーが大好きで「バガボンド」も読んでいる。そのなかでこの作品が一番好だ。

 

 「リアル」は1年に一度のペースで単行本が出る程度でかなりスローペースなのですが、ストーリー自体もゆっくりとした進行です。

 内容もスラムダンクの青春一直線でバスケット上手くなります!なんてアップテンポものではなく、登場キャラクター一人一人の生き様を描き読者に語りかける様なちょっと考えさせられるものになっています。

 

 そしてこの物語の面白いところ、それは主人公が1人じゃないところ。

 戸川野宮高橋の3人がそれぞれ違う形でバスケットと関わり成長していく姿を描いている。

野宮朋美

f:id:mamejeff:20160910153425j:plain

 バイクで交通事故を起こし高校中退となってしまった元バスケ部。見た目はタダの不良に見える。

 しかしバスケを部員の誰よりも愛しており、中退後もバスケットを続けていく事を夢見てる。

 そんな中で偶然体育館で車いすバスケをしている戸川と出会い、新しいバスケットへの道を見出していく。

 

 性格は悪そうな顔して実は良い奴。バスケのこととなれば人一倍熱くなりお調子者になる。

 

戸川清春

f:id:mamejeff:20160910154640j:plain

 高校時代、かなりの好成績を残していた元陸上部。しかし、あることをきっかけに片足を失い”誰よりも速く”という目標も途絶えてしまう。

 そんな中で車いすバスケと出会い、この世界で以前の目標を再度追いかけることとなる。

 

 性格は一見クールに見えるが賭け試合に勝つために、一芝居演出をしたりと面白い一面も見せる。バスケに関しては自身の目標を中心にしている為周りとの衝突も多い。

  

高橋久信

f:id:mamejeff:20160910160436j:plain

 髪型は「スラムダンク」の仙道さんみたい。最初はモブキャラだと思ってたらそうでも無かった。

 野宮が中退してからバスケ部のキャプテンとなり、野宮を慕っていた部員を切り離して自身のやりやすい環境を作っていた。

 しかし、ある日の下校中に自転車でニケツしているところで交通事故に合い、目が覚めた時には病院のベッドの上だった。

 

 性格は周りの人間をランク付けし、自分の存在を測ろうとする俺様タイプ。バスケは好きだが二人ほどの熱も無く、キャプテンという位置づけでそれなりの上手さ。

 

主人公はそれだけじゃない

 野宮を大元としてこの3人がメインとなり話は進んでいく。

 しかし、この漫画の好きなところは3人を取り巻く様に出てくるキャラクター1人1人の人生が話の中に滲み出ていること。

 時には3人の事なんてそっちのけである登場人物のドラマを描くのに1巻分丸々使ってしまうなんてこともあります。

 

迫力の試合シーン

 スポーツマンガなのでちゃんと試合のシーンもあります。

 しかも流石の井上さん、躍動感がめちゃくちゃある!!! 

f:id:mamejeff:20160911113727j:plain

 野宮との試合でのワンシーン。車いすで跳んじゃいます。

 ※能力バトルマンガではありません。

 

ファンがおっ!ってなるところも

 あの人の苗字が出てきたり、後ろにあの人っぽい影があったり、スラムダンク読んでた方なら思わずニヤリですよ!

 

障害を乗り越えた先に

 人はある日突然交通事故に巻き込まれる、病気で倒れてしまう。そんなタイミングがわかるはずもなく、気づいた時には身体の一部が不自由になっていたなんてことが来るかもしれない。

 私自身、寝ている時に腕にかなりの圧迫をかけていたせいなのか、起きた時に片腕がしばらく全く動かなかったことがある。

その時、自分の腕のはずなのに力が何も入らずブラブラ揺れるただの肉の塊に見えてしまっっていた。

これがずっと動かないままだったら私も絶望を感じたのかもしれない。

 

 この漫画ではそんな非日常が突然訪れたキャラクターが数多く登場し、高橋の様に絶望するもの、時にはそれをすんなりと受け入れ今の自分が出来る事を見出すものが出会いそれぞれの成長が描かれる。

 パラリンピックも選手のこうした背景を思い描きながら見るとより一層熱く応援出来るかもしれませんね。

 

 自分の人生苦労ばかりだな、と思っている方、是非読んでみてください。

 

リアル コミック 1-14巻セット (ヤングジャンプコミックス)

リアル コミック 1-14巻セット (ヤングジャンプコミックス)

 

最後に

 前の巻から1年過ぎてます。15巻をかなりきたいしてます!笑

 

追記 15巻について

※追記 2017.7.23

 井上さんは現在イノウエバッヂ店とBリーグ観戦あたりで忙しいんだと思います。

ヤングジャンプにもなかなか掲載されないことから某ハンターマンガ並みの暖かい心で次巻を待ちましょう。

f:id:mamejeff:20170723213253p:plain

スポンサーリンク