まめじぇふ

まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ワクワクを心に届ける雑記!

20170201213610

世代ど直球の20代が【RADWIMPS】を紹介(入門編)まずはこのオススメ10曲を聴け!

スポンサードリンク

 只今絶賛公開中の映画「君の名は。」その劇中で"これでもか!"というほど演出を盛り上げている曲のアーティスト。それが

RADWIMPS

 映画効果も合いまって今やテレビ点けても、ラジオ聴いても、ネット開いてもその名前を見ない日は無いってくらい絶好調ですね。

 

 そんな彼等の名前を最近知ったっていう方も多いと思います。というわけで今回はRADWIMPSって奴らを知る為の10曲を紹介したいと思います。

 

目次!

 

RADWIMPS(ラッドウィンプス)とは

2001年に結成。野田洋次郎、桑原彰、武田祐介、山口智史の4人で活動をしている。作詞、作曲はボーカルの洋次郎が務めており、深みのある恋愛色が強い独特の世界観は当時の若者達を魅了し多くの支持を獲得してきた。

 世間ではRADの相性で親しまれている。

 2011年にフルアルバム「絶対絶命」をリリースするもその年に東日本大地震が発生し、ツアーライブ「絶対延命ツアー」をはじめ「Itoshiki」の活動による被災支援を行う。

 最近では洋次郎はソロでも活躍しており更に躍進を続ける。

 

1.ふたりごと


www.youtube.com

 RADの代表曲と言ってもいいでしょう。

 聴くものに語りかける様な洋次郎の優しさのある声、幻想的なサウンドが簡単に曲の世界に引き込んでくれます。

 歌詞だけを声に出したらかなり恥ずかしいだろうけど、それを上手くサウンドに載せてサラッと言っていしまうところに脱帽。

 

ふたりごと

 

 

2.セプテンバーさん

   セプテンバー、夏の終わり。ギラギラの太陽の中、気持ちはキラキラして楽しかった。でもその楽しかったのは夏だったからじゃなくて、君と一緒にいられたから。だからちょっと寂しげな9月になっても君と笑っていられるよ。

  的な事を載せた曲。書いてるだけでも恥ずかしい。。

ホンワカしたした曲調で和みますな。

 

3.トレモロ

 静かな入りの後に響き渡るギターの旋律が印象的な1曲。RADの中でも人気が高い曲です。歌詞の意味も聴く人それぞれ解釈が変わるような考えさせられます。

  

4.最大公約数

 このイントロを聴くとRADだなって思います。二人がいつまでも寄り添って行けるような距離感を数学的に綴った曲。演奏の美しさと合いまってとても素敵な曲に仕上がっています。

 

 2〜4が聴けるアルバム:RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~

 

 

5.ます。

"ます。"試聴はこちら

 

こんな曲軽快なもあります。思わずみんなで「ますーーーーーー!」って言いたくなる曲。

「ますうぅううううーーー!」

  

6.いいんですか

 好きな相手の事を率直に歌った曲。J-popに近い感もあり初めて聴くっていう人はとても入りやすい曲じゃないかと思います。

 ただメロディーにノッて歌うのではなく、軽快に話かける様な歌い方がRADWIMPSの得意技。ラップとも違う独特のリズムを楽しんで下さい。

 

いいんですかが聴けるアルバム:RADWIMPS4~おかずのごはん~

 

 

7.もしも

 彼らの最初の曲と言えるでしょう。これも自分の気持ちを率直に歌った様な歌詞が印象的です。

 初期の頃なので声の感じも今とは違いますよね。

 

もしもが聴けるアルバム:RADWIMPS

 

 

8.ララバイ

  「ララバイララバイララバイバイバイ、ララバイバイバイバイバーイ」っていうライブでやったら盛り上がる1曲。テンション高める時に聴きましょう。

 

9.君と羊と青

 サッカーの応援曲として起用された曲。

 曲の疾走感、叫ぶ声曲のそこらじゅうから青春や情熱を感じさせるテンションを上げてくれる作品に仕上がっています。

  

10.DADA


 RADの真骨頂の様な曲。これまで紹介した曲とは一風変わった曲調と歌詞となっている。この曲以前に発表した「おしゃかしゃま」の頃から深い恋愛のテーマの他にも、人生や世論についてモノ申す様な曲が増えてきた。

 

9,10が聴けるアルバム:絶体絶命(通常盤)

 

おわりに

  今回はRADWIMPSの中でも比較的とっつきやすいオススメ曲を厳選してみました。更に足を踏み入れればしっとりした曲から、軽快な曲、ゴリゴリのロックな曲まであらゆるジャンルをRAD独特の表現で魅了してくれるでしょう!

 

 RADの主題歌が話題になっている映画の感想はこちら! 

mamejeff.hatenablog.com

 

スポンサーリンク