まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ジムでトレーニングに必要な持ち物は?あると便利なグッズまとめ

 

どうもまめじぇふ(@jefflymame)です。

 

ジムに行こうと思っているけど何を持っていけばいいんだろう?

 

初めてジムに行こうとすると何を準備すればいいか分からないですよね。

動ける服装とシューズがあれば最悪大丈夫とも思いますが、私も最初は忘れものがないか不安でした。

 

初めてだからって、必要なものを忘れて恥ずかしい思いもしたくない!

そんなあなたの為にジムに必要な持ち物をまとめてみました!

 

初回講習・会員登録の持ち物

f:id:mamejeff:20181026214909j:plain

初めて行くとなるとジム会員の手続きが必要な場合があります。ジムによって必要なものが変わってくるので、行きたいジムのホームページは事前にチェックしてみましょう。月会員になると以下2点が必要な場合があります。

 

免許証(身分証)

初めて行くと高い割合で提出確認を求められます。初回は必ずもっておきましょう。

 

顔写真(施設による)

特に月会員になると会員カードを作る時に必要な場合があります。

ホームページに記載されていたり、電話で直接質問してみるのもありです。 

 

ジムに最低限必要なもの

f:id:mamejeff:20181026214921j:plain

とりあえずジムで体を動かす為に最悪これがあれば大丈夫!ってものです。

肌に身につける物ばかりですね。

 

トレーニングウェア

スポーツジムは基本的に空調が効いているので、冬でもTシャツ・ハーフパンツの格好でも快適にトレーニング出来る施設が多いです。

動ければとりあえず何でも問題はないのですが、やっぱりトレーニングウェアが一番だと思っています。

トレーニングウェアは吸汗、速乾に優れており、伸縮性にも長けているので運動の邪魔にならず快適にトレーニング出来ます。

 

具体的にどんなものがいいのか詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

 

シューズ

ジムでは基本室内シューズの着用を求められます。

ルームランナーを使用するのに裸足とかはまずないと思うので、、、。

 

どれがいいのか分からないという方はNIKEの”TANJUN”をオススメします!

極限のシンプルをコンセプトにして運動機能性は無くさず、メッシュ加工で蒸れも軽減しています。

 

私も使用していますが、フィット感も良くエアロバイク、トレッドミル(ランニングマシーン)など脚を動かすものでも全然支障なく快適にトレーニングが出来ます。

 

靴下

靴を履くには靴下は重要です!

特に夏場に行こうとすると忘れがちなのでカバンの中に一足は入れておきましょう。

 

フェイスタオル

汗を拭く時に持っておくと便利です。

忘れると結構ダメージが大きいのでこれもカバンに常備しておきましょう。

 

ジムであると便利なもの

f:id:mamejeff:20181026214938j:plain

上着

ジムによっては空調が少し寒い、なんてこともあり得ます。

寒がりな人は持っておいて損はないと思います。

 

イヤホン

トレッドミル(ルームランナー)などの際に音楽を聴きたい!

そんな時にイヤホンがあると楽しくトレーニングが出来ます。

 

コード付きのものだと運動中に器具や手に引っ掛かる可能性があるので、ワイヤレス型イヤホンをおすすめします

 

水、飲料水

運動をして汗をかくと、汗と一緒に体内の悪いものも出してくれるので水分補給は大切です。

トレーニング中はこまめに水分を補給して体内の水分を入れ替えてあげましょう。

 

プロテインとシェイカー

プロテインは体づくりには欠かせません。

筋肉増強用、ダイエット用など様々な種類があるので自分の目的に合ったものを探してみましょう。

 

プロテインを飲むタイミングはトレー二ング後30分以内が「ゴールデンタイム」と言われており、タンパク質の吸収率が促進されます。

なので筋肉を肥大させたい人は確実に摂取するようにしましょう。

 

プロテインがどれかいいのか分からない、という方はザバスのホエイプロテインをおすすめします。

チョコで同じみの”meiji”が出していて味も良く効果もしっかりあります。Amazon's chiceにも選ばれるほどなので安心できる商品です。

私も最初に使用していましたが、着実な筋力アップを実感できました。

 

シャワーに必要なもの

スポーツクラブやジムではシャワー、時には風呂がある施設もあります。

場所によってはボディーソープなど使用禁止の施設もありますのでその辺りはルールに従ってください。

 

ボディーソープ

汗をかいた体をさっぱりしましょう! 

 

シャンプー&トリートメント

頭もすごく汗をかきやすいのでしっかり洗いましょう。

 

バスタオル

シャワーを浴びるとなるとフェイスタオルでは小さいのでしっかり準備していきましょう。

 

ドライヤー

場所によってはドライヤーが貸し出し式になっていて面倒な施設もあります。

自分でドライヤーを持っていき使用する分には問題ないと思うので、ない施設の場合は持っていきましょう。

 

その他ケア用品

自分でこだわっているケア用品は持っていきましょう。

洗顔クリーム

化粧水

洗面台もあると思うので問題なく使えます。

 

まとめ

結構多く思えますが、家が近い人であればシャワー入って帰る必要もないのでそこまでの荷物にはならないかと思います。

私は着替えとタオル、シェイカー2つ

、プロテイン用の水、イヤホン、シューズ

この6点を少し大きいトートバッグに入れても十分に収まります。

 

どうしても荷物が増えるって方は大きいカバンを購入するか、レンタルロッカーをしているジムもあるのでずっと自分の荷物を置いておけます。

 

出発前にもう一度見直して万全な準備でトレーニングを楽しみましょう!

Copyright ©まめじぇふ! All rights reserved.