まめじぇふ

まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ワクワクを心に届ける雑記!

20170201213610

再認識した基礎の重要性!マンガで振り返る基礎の役割と応用

スポンサードリンク

どうもじぇふです

 

f:id:mamejeff:20160919030143j:plain

みなさんは仕事での基礎知識やスポーツでの基礎練習はしっかり身に付けていますか?

私は最近仕事で新たなスキルを身につける事になったわけなのですが、

 

基礎しっかりやっといて良かったー!!!

 

ってつくづく思っています。

ところで今何のお勉強をしているのかと言うとCADを学んでいます。

これまでは2次元的な図面をずっと描いていたのですが、現在はその発展で3次元のお勉強をしています。

平面から立体になるって物凄く頭がこんがらがりそうな感じもしますが、

2次元的に空間の高低差とかを理解していれば3次元にするなんて屁でもなかったです。

 

この理解力が身に付いたのも日頃の業務を確実にこなしているからでしょうねえええええええ!!

 

と、少し頭に乗りましたが、これだけでも分かってもらえると嬉しいのですがそれだけ基礎って大事なんです!

 

マンガの世界でも色んなキャラクターがいますが、強いやつ程基礎を大事にしてきているのが良く分かります。

そんな基礎の努力者達を見て今一度奮起してみてはどうでしょうか?

 

桜木花道

Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)

努力の男と言えばこの赤髪が最初に浮かびました。

彼はスラムダンクの主人公で元々はそこらにいる不良でした。しかし、晴子さんがバスケットが好きと言う理由からバスケットを始めるのですが、喧嘩で培った身体能力はあるもののスポーツに関しては全くのド素人だったのです。

しかし晴子さんが好意を抱くバスケ部のルーキー”流川”を超えるべく桜木は日々バスケットの練習に明け暮れるのでした。

 

始めはドリブルすらまともに出来なかった彼ですが、綾子さんの熱血指導により、試合出場までこぎつけるのです。

スラムダンク (17) (ジャンプ・コミックス)

 

 

周りが生き生きと練習していた傍らで、隅っこでダムダムとドリブルの練習をしているのは桜木にとって苦痛でしか無かったでしょう。

しかし、ラブパワーもあってなのかどうにか成長を続けて、クライマックスではこれまでの集大成の様な美しいシュートを決めていましたね。

 

あのシュートも過酷なシュート練習を乗り越え、更には日々の自主練を怠らなかった賜物であったのでしょう。

 

 

宮益義範

スラムダンクの努力家と言えば彼も忘れてはいけませんね。

名門の海南大附属で初心者で入部しながらも3年間続け、シュートに関しては海南No.1と噂されるほどの人物です。

高校から始めて試合に出場するほどの成長を遂げた彼の裏には常人の何十倍もの努力があったのでしょう。

 

悟空

こいつ無しで努力って語れないなって思ったからだしました。

ドランゴンボールの悟空のことです。

ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックス

悟空って強いですよね?

今でもドラゴンボール超なんてテレビでやっていますが、戦っている相手が神とかその中の破壊神とか凄いことになっています。

そんな悟空も昔はちんちくりんで今では馴染みある仲間になっているピッコロと死闘を繰り広げたりもしていました。

 

そんなドラゴンボールの中でもよく描かれている場面が修行のシーンですよね。

 

亀仙人の元で岩を持ち上げる修行だったりとか、

めちゃくちゃ高い塔を登ったりとか、

神様の元で修行を受けたりだとか、

 

悟空も桜木同様に基本スペックは高いのですが、兎に角修行漬けの毎日を送っているんですよね。

結婚してからも修行ばっかりしてるし、これで子供を養っているのも凄い話なんですけどね、、、

 

悟空は天性の才能もありますが、日々の努力を全く欠かさないからこそ神とも渡り合える戦闘スキルを手に入れた訳です。

 

 

河内 恭介

一体誰だよ!?って思った方は「やきたてジャぱん」を読んで下さい。

焼きたて!!ジャぱん(17) (少年サンデーコミックス)

 

金髪にして関西人の彼はパン作りはパンタジア新人戦3位の成績を収める程の実力の持ち主です。

しかし、東や諏訪原の独創的かつ天性的な才能に見劣りしてしまうのがネックでした。

 

そこで彼は過酷なトレーニングを積み重ねたことで東の太陽の手に見劣りしない、「太陽の手甲」を手に入れたのです。

言うなれば身体の基礎を高めたということですね。

マンガ的にはその後良い活躍を見せますが、次第にリアクションキャラに成り下がっていますが、

 

基礎の応用

マンガのキャラって、大体もともとのスペックが高い奴らばかりが揃っているから強いんじゃん、って思われがちですけどこうしてみるとみんな修行ばっかりしてるんですよね。

犬夜叉だって風の傷を見る修行をめっちゃしてたし、

ゴンだって念を感じ取る修行をしまくっていたし、

つまり誰だって最初は基礎を勉強しているんです。

 

この基礎が出来ているから

桜木は綺麗なシュート打てただろうし

悟空はかめはめ波打てたんだろうし

犬夜叉も爆流破を打てたし

ゴンだってごんさんだし

 

こうやって基礎を知っているから応用を知った時に直ぐに覚えられるわけですよ。

 

 

スポーツだって同じ

例えば内村航平の体操演技をみてこれ俺もやりたい!!!って言って直ぐに出来るような人はいませんよね?見よう見真似でやったら多分骨折して病院送りですよね。

まずはその動きをするために身体をどの様に使うのかを知って、

その動きをするためにはどこを鍛えなくてはいけないのかを知り

確実に鍛え、動きをチェックする。

要は基礎をしっかりと作り上げればどんな事でもきっと出来る様になるんです。後はどれだけ身体の使い方を知る事が出来るのか?それだけだと思います。

 

終わりに

基礎をしっかりとやっていれば後は身体が動いてくれる。これは天性の才能ですよね。

そんなやつはなかなかいないのでまずは基礎をしっかりと固める事で後の応用にも効いてきます。

そうやっていれば、普段よりちょっと難しいお題が出てきたら基礎で使える物を引っ張り出し、それを組み合わせればクリアすることだって容易なのです。

 

 

だからまずは基礎だ!!基礎を磨け!!!

そして関連付けだ!!!

 

それじゃあまた!

スポンサーリンク