Amazonサイバーマンデー!echo show5が50%OFF!
趣味探し

『ボルダリングジム初心者向け』基本ルールや持ち物は何が必要?

 

どうもまめじぇふ(Twitter:@jefflymame,insta:@mamejeff1)です。

悩メン
悩メン
ボルダリングジム興味はあるけどどんな感じなんだろう。

|

2020年の東京オリンピック競技にも選ばれて人気が出ているボルダリング。

最近では市には1つボルダリングジムがある位に増えてきている感じもあります。

今回はボルダリングの魅力や、ルール、ジムを楽しむ為の持ち物を紹介していきましょう!

まめじぇふ
まめじぇふ
行けば行くほどに楽しくなるスポーツです!

ボルダリングとは?

壁にある無数の石(以降ホールド)から決められたホールドのみを使ってスタートからゴールを目指す競技です。

ボルダリングはクライミングほど高くは登らないので命綱を着ける必要もなく手軽にできます。

2020年の東京オリンピックでは競技種目にも認定され、子供から大人まで幅広い年齢が楽しめるのも特徴の1つ。

最近ではボルダリングジムの数も徐々に増えてきて街の中心にも出来ているので仕事終わり気軽に行くことも出来ます。

ボルダリングジムってどんなところ?

f:id:mamejeff:20190605203803j:plain

ジムって言うと筋トレ器具とかが置いてあるイメージですが、ボルダリングジムは基本的にボルダリングのみを楽しめる施設となっています。

壁には無数のホールドが取り付けられていて使用者は思い思いの難度を自由にチャレンジ出来る。

スポンサーリンク

 

ボルダリングのルール

ボルダリングジムは3ヶ所ほど行ったことがありますが、どこでもルールは同じです。

ルール

  1. 壁は一定の区画で区切られていて登る際は一枚の壁のみを使う
  2. ストーンには色と番号が振ってあり、同じ色番のストーンのみを使用して登っていく(初級は足自由もあり)
  3. 両手をスタート石に触れ、足は指定のストーンに触れた状態(地面に着いていない)でスタートし、ゴールストーンを両手で掴むとクリアになる。
  4. 1,2を守りながらスタートからゴールまで辿り着けるよう目指す

ボルダリングのマナー

ボルダリングジムでは自分だけでなく多くのお客さんとスペースを共有して楽しみます。

お互いが愉しむためにも最低限のマナーを守りながら楽しみましょう。

壁に登れる人は1人だけ

ボルダリングジムでは入れ替わりで同じ壁を使うので、登っている時に壁の近くには寄らないようにしましょう。

ボルダリングの最中はいつ握力が無くなって落ちてもおかしくない状態です。

自分のプレイ中そばに人がいたら気が散ると思いますし、落ちた時にぶつかって大変危険です。

アドバイスをしたい時には近くのベンチや休憩スペースから声を掛けるようにしましょう。

2、3度と連続で登らない

自分の番が来たからといって長時間居座るのはやめましょう。

スタートして直ぐに落ちたのであれば問題は無いと思いますが、1回のチャレンジで何度も挑戦するのはNGです。

他のお客さんも限りある時間の中でやっているので譲り合いの精神で楽しくボルダリングをしましょう。

大声で騒いだり暴れたりしない

ボルダリングジムはそこまで広くなく、多人数でスペースを共有しているので大声ではしゃぐと周りに迷惑をかけます。

もちろん課題をクリアしてテンションが上がる時は上げましょう。

節度ある楽しみ方を!

スポンサーリンク

 

ボルダリングの面白いところ

シンプルな競技のボルダリングですが、人を魅了する理由があります!

魅力

  • 体格によって攻略法が変わる
  • アットホームな感じで楽しめる
  • 帰るころには新しい課題が見つかる

1.体格によって攻略法が変わる

ボルダリングの最大の面白みは攻略法だと思います。

人それぞれ身長も違えば、筋肉量、柔軟性だって違います。

例えば女性で進み方が分からなくて側にいる男性に攻略法を聞くと、力任せに進んでいくスタイルの人であればあまり参考にならなかったり。

小柄な小学生の方が簡単に出来てしまうコースもあったりします。

自分の身体の特徴を知って最大限に引き出すのがボルダリングの面白さなのです!

2.アットホームな感じで楽しめる

どのボルダリングジムに行っても感じたのは、お客さん同士が気軽に会話をしている風景です。

なかなか出来ない課題が、実は周りの人も出来なくて悩んでたりします。そんな時に話しかけられることも良くあります。

行くたびに知り合いが増えていくのも楽しみのひとつですよね!

まめじぇふ
まめじぇふ
上手い小学生が教えてくれることもあったな!

3.帰るころには課題が見つかる

時間が経てばたつほど体力もなくなっていくので課題を進めていくとどうしても出来ないものにぶち当たる事もあります。

時間内にクリアできない事もあるのでそんな時は次回までに出来るように休みながら攻略法を考えてみましょう。

そうすると次行ったときには一発目でクリア出来たりするので達成感がたまりません!

ボルダリングに必要な持ち物は?

初めてボルダリングジムを体験するのに持っていくものはほとんどありません!

持ち物をまとめておきます。

持ち物

  • 動きやすい服装
  • 着替え
  • 靴下
  • 飲料水
  • タオル
  • ゴムバンド

ジムにあるもの

  • 専用のシューズ
  • 滑り止めのチョーク

ボルダリングをする時の服装は出来るだけ可動域を妨げないものにしましょう。

また、初心者のうちはホールドでかすり傷を負う場合もあるので長袖を着るのもありです。

靴下はシューズを履くときに必要なので必ず用意しましょう。

そして、髪の長い女性は挑戦中に髪が邪魔になる可能性があるのでゴムバンドで縛るとやり易くなりますよ。

ボルダリングが出来る場所を探してみよう

今では新しいボルダリングジムは全国各地にどんどんオープンしています。

趣味として始めるなら最初は出来るだけ安く抑えたいですよね。

そんな時に「アソビュー」を使うとお得に体験することが出来るかもしれません。

アソビューではあらゆるレジャー、体験を検索して予約することが出来るうえ、通常の価格よりも割り引きで楽しめる事もあります! 

やってみたい遊びがあればアソビューで探してみてはどうでしょうか?

ボルダリング意外にも様々なアクティビティや体験を探すことも出来ます。

現在北陸地方以外のボルダリングジムが探せるので是非活用してみてください。

 

近くのボルダリングジムを探す

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です