グラトリ

FNTCのグラトリ板紹介!来期はCATが大暴れ【19-20モデルレポート】

 

どうもまめじぇふ(@jefflymame)です。

 

2019年インタースタイルレポート第1弾!

FNTCの来期グラトリ板を紹介していきます。

 

昨シーズンから立ち上がり、有名ライダーも数多く参加しており初動からかなりの人気が集まったブランドです。

来期の板は調整を入れてブラッシュアップ。

更に新たな板も加わりまたしても期待大です!多分全く新しい試みの板ではないかなと個人的には思っています。

 

来期はゲレンデで猫が大暴れする年になりそうです!

 

今回の展示会ではFNTCライダーの中川智貴さんに情報を説明していただきました。

※情報を自分なりにまとめたものなので、実際のスペックとは異なる場合もありますのであらかじめご了承ください

FNTCとは?

f:id:mamejeff:20190219190923p:plain

 LATEprojectの代表である瀧澤憲一さんを筆頭に強豪なライダーが集ったグラトリブランドです。 昔から人気のある板”TNT”に加え、グラトリに特化した板作りを目指しています。

「Snowboarderの遊び心を刺激する」をモットーに今後も日本人が好む板を今後も輩出していくでしょう。

 

CAT(シーエーティー)

f:id:mamejeff:20190219194000j:plain

来期最大の注目板と言ってもいいのではないでしょうか?

 

”CAT”はベース形状はTNTのダブルキャンバーを採用し、内部的な技術はSoTを採用したしなやかさの中に力強さも併せ持つ全く新しいグラトリボードです。

CATの特徴的なポイントは以下です。

 

point

ベース形状・・・ダブルキャンバー(TNT)

内部技術①・・・V字カーボンリボン(SoT)

内部技術②・・・ハニカムコア(SoT)

フレックス・・・TNTより若干固め

 

f:id:mamejeff:20190219205741j:plain

SoTはノーズ、テール両端にV字のカーボンリボン、そしてハニカムコアを取り入れる事でクイックな反発と回転時のスウィングウェイトを軽くしていました。

この技術をダブルキャンバー形状に搭載した事で、ダブキャンなのにノーリーの高さを追求する事が出来ています。

 

でもセンターフレックスを柔らかくすることでダブキャン独特のしなりでスタイルも容易に出せます。

 

フレックスはTNTよりも若干硬めの設定にして、SoTのソールを搭載する事で滑走時の安定性も向上。

ダブキャンにカーボンリボンを入れているのは私の中でこれまで覚えが無いのでかなり注目の板です。

 

近年の大会でも数々のリザルトを残す中川智貴さんを中心に完成させ、本人も納得の出来な一本です。

 

レディースの方も必見です!

サイズはレディースから高身長まで幅広いラインナップを取り揃えているので選びやすいのも有難い。

 

サイズ一覧

139,142,148,151,153,155

 

こんな人にオススメ
  • ダブキャンでも高さが欲しい
  • クイックな反発力
  • 低速域での安定したグラトリ

 

 

TNT(ティーエヌティー)

f:id:mamejeff:20190219201346j:plain

今シーズンからFNTCへと変わり、評判も良いため来期モデルでは特別な変更はなく、デザインが変わりました。

 

初心者から上級者まで満足して楽しめる板です。

TNTの特徴的なポイントは以下です。

 

point

ベース形状・・・ダブルキャンバー

内部技術・・・ハニカムコア(センター)

フレックス・・・3(メーカー比)

 

センターフレックスから両端までのフレックスバランスをシビアに調整することで柔らかくしなりつつ、反発もしっかりと得られるボードを実現しました。

TNTにはセンター部にハニカムコアを搭載しており重量の軽減をしています。

 

プレスをストレスなくこなしたい人や、容易にスタイルを出したい人にオススメです。

何より安価で初心者も手が出しやすいのが最高です。

 

サイズ一覧

139,143,147,150,153,157

 

こんな人にオススメ
  • ダブキャンが好き
  • グラトリ初心者
  • プレスのスタイルを出したい

 

 

SoT(エスオーティー)

f:id:mamejeff:20190219195858j:plain

コチラも今シーズン登場し一躍人気となったモデルです。デザイン変更程度です。

 

point

ベース形状・・・可変キャンバー

内部技術①・・・V字カーボンリボン

内部技術②・・・ハニカムコア(両端)

フレックス・・・4(メーカー比)

 

特徴的なのがV字カーボンリボンと両端のハニカムコアです。

V字カーボンでクイックで爆発的な反発を得られ、ハニカムコアで軽量化しスウィングウェイトを軽くしています。

 

キャンバーでありながらセンターフレックスを柔らかくしているのと、可変キャンバーを採用しているのでプレスがし易く、トーションも使い易くなっています。

 

実際の使用者の感想も聞いたことがありますが、どの人もすごく調子が良いことを口にしていました。

今後の主力グラトリ板になる事は間違いないと思われます。

 

サイズ一覧

139,142,148,151,153,155

 

こんな人にオススメ
  • 圧倒的反発力
  • 取り回しのし易さ

最後に

ブランド2年目でありながら多くの方から支持されており、板の出来もほぼ完成形なのではないでしょうか。

更に来期CATが加わる事で強力なラインナップになりそうですね。

 

女性ラインナップも全モデルしっかりと揃えられているのも選択肢の幅があって良いですね。

 FNTC公式の動画もUPされているので御覧ください。

www.instagram.com

 

試乗会でも”CAT”は出回るそうなので少しでも気になった人は是非足を運んでみてください。

 

それじゃあまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です