プレス系中心でキャンバーの反発感ならこのモデル

プレス系中心でキャンバーの反発感も欲しいならこのモデルを紹介します

  • GTS(RICE28)
  • GROWENT(YONEX)
  • LTB(SPREAD)

↓詳しい板情報は下へスクロール!↓

GTS(ジーティーエス)

 

“PLUS CORE”搭載でセンターを薄くすることでフレックスが柔らかくなり、しなりを活かした反発やトーションを使い易くしました。

しかしながら全体のフレックスを調整することで昨シーズンよりわずかに張りが出ています。

そして注目がカーボンリボンの搭載です。

これによりノーズテールに入れたことで反発力がめちゃ良いです。

これまでエントリーモデルのイメージもあったGTSですが、これでスタイルの出る乗り系に跳びもガツガツいけるスペックになっています。

カラーも映える色ばかりで今期注目です。

スペック
FLEX42%
シェイプツインチップ
形状CA1キャンバー(可変)
サイズ147,150,152,154
オススメスタイル/ポイントプレス系、初心者にオススメ

 

GROWENT(グロウエント)

―NEWモデル―


初級・中級者向けにACHSEよりもソフトフレックスにする事で、よりプレスでの操作性を簡単にしており、正にgrowの名前の通り自身を成長させてくれる板です。

それ以外はACHSEそのもの、なので圧倒的反発力は健在です!

先端がダイヤ形状になった事で点乗りプレスがより安定する様になり快適にプレスコンボが繋がります。

跳び系もやりたいけど、乗りでもスタイル決めたいって人にもオススメです。

まめじぇふ
まめじぇふ
どの方向でもプレスをピタリと止められるので普段できない動きも出来ちゃう魔法の板です!
スペック
FLEX67
シェイプツインチップ
形状easy ride camber(可変)
サイズ148,151,154
オススメスタイル/ポイント初心者にオススメ、乗り系

 

LTB(エルティービー)

 

LTAと比べると柔らかいが、ノーズとテールに張りをもたせることで抜けを軽減させる設計になっています。

また、可変キャンバーを採用しておりエッジの角付け量とボードのしなり量で有効エッジが可変します。

実際に乗ると乗り系のグラトリの取り回しがトップレベルでやり易いです。

スペック
FLEXMEDIUM-SOFT
シェイプツインチップ
形状可変キャンバー
サイズ148,151,153,156
オススメスタイル/ポイント乗り系