まめじぇふ

まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

ワクワクを心に届ける雑記!

20170201213610

雪山道で死にかけた。雪道でいい感じにドリフトしない方法。

スポンサードリンク

どうもじぇふです。

 

安全な運転方法はと準備はこちら

 

先々週マジで死を覚悟しました。

焦った。怖かった。やばかった。

何があったかというと、その日も趣味のスノボに雪山へ行っていたんです。

その日は冬将軍が襲撃してきた1月14日でした。友達と二人で行ったんですが、朝方6時頃向かう時もチラチラと雪が降っていました。

平日終わりごろから雪が降り出していたそうで、道には除雪はされていましたが雪がしっかりとあり、ところどころ凍っている感じが運転していて伝わってきました。

それもそのはず。私の車は2駆のスタッドレス4シーズン目です。

まあ、行きは特に滑る事もなく無事に雪山につきました。

 

そう、恐怖は帰りでした。

 

私の行ったスキー場は山を降り始めて直ぐに勾配のある二つの急なカーブが続きます。

そのカーブに差し掛かる前に車内では

「昨シーズンそこの一つ目のカーブでいい感じにカーブに沿ったスリップをした覚えがあるんだよー」

なんて去年の私のやらかした話をしゃべっていました。

 

このあとそれが現実になります。

 

カーブに差し掛かる前にブレーキで減速しようと思い踏みました。ちなみにエンブレは1速まで落としていました。しかし、踏み切っても「ガガガッ」と言う感触が伝わり、この時

 

(あ、ヤバイな)

 

って思いました。そう、既にスリップが始まっていました。

このまま最初の右へ曲がるカーブに入り、勿論ハンドルは効きません。

惰性で若干曲がっては行きますがその先には雪の壁

隣では友達が

「やべえって!ぶつかるって!やべええええ!」

って叫んでました。そんななか私は真剣過ぎて無言でハンドル握ってました。

こういう時はブレーキ踏んだらとりあえずヤバイって聞いたことあったから、ハンドルだけ右に思いっきり切ってどうにかタイヤが雪に噛んでくれるのを待ちました。

隣では相変わらず

「やばああbjbっpml;〜〜ああ!」

って叫んでました。

 

そして惰性で多少曲がっていた車は左側のサイドミラーが雪の壁にぶつかる!その瞬間!

「ぎゅ!!」

っとギリギリのところでタイヤに雪が噛み右へ旋回していく事が出来ました。

 

マジで間一髪。怖かった。

 

「二人でやばかったー」

なんて話てたら2つめのカーブ。

 

案の定、コーナー差し掛かる前でブレーキがかからない。

ヤバイ。曲がり切れん。

覚悟しました。

次のカーブはもっと深い。

これは確実に雪の壁に激突する。

 

多分降ったばかりだから雪の壁も柔らかいだろうし死ぬことは無いだろうと頭の中はぶつかった時のことしか考えていませんでした。

 

相変わらず隣の友達は

「kfjg;あんrfdfはうlf;:やべえええええーーーー!」

やべえのは運転してる自分が一番知ってる。

 

前の通りブレーキ使わず今度は左に思いっきり切っておき噛むのを待つ。

迫る壁。

叫ぶ友達

無言の自分

ヤバイ内心。

すれすれのサイドミラー

「ぎゅっ!!」

 

きたあーーーーーーーー!!

 

車は思いっきり左に旋回し元のポジションに無事に戻ってくれました。

壁まで本当にあと10cmくらい。

しかも対向車は幸いにも来ていなかった。

頭文字Dの藤原とうふ店顔負けのドリフト具合にマジでビビった。

 

友達もめっちゃ安心そうな顔してました。

その後は山を下るまで2,30km位で降りていきました。

マジで雪道怖かった。

 

友達よ、怖い思いさせてごめんよ。

 

もうこんな思いをする人が出ない様こんな時の対処方を残しますね!

 

スポンサーリンク
 

スタッドレスは性能の良い物を

私が使用していたのはyokohamaタイヤの「アイスガード」でした。ちなみに4年目です。

スリップした後日に中古タイヤ屋さんに相談しに行った所

  • スタッドレスもどれだけ性能良くても滑る時は滑る
  • 今履いているタイヤの溝はまだ3mm残ってるしまだ交換するには勿体無い
  • タイヤの劣化による硬化もしていない
  • 変えるなら上の性能の物を

ってな感じにアドバイスされました。

4年目でも保管しっかりしとけば割と使えるってことがわかりました。

ちなみに性能が良いのはやっぱりブリヂストンだとか。

 

速度は出すな

雪道で気温の低い日はかなり氷やすいです。この日も帰りは-4℃位でめっちゃ寒かった。

こうなると道路はかなり滑りやすくなっているのでご注意です。

エンジンブレーキは勿論のこと出来る限り速度を落として下さい。

私がカーブ突っ込んだ時の速度は「35km」くらい、2駆でこの程度出してたら条件によっては余裕でスリップしちゃいます。

ちなみに今回みたいにカーブ前も凍っていてブレーキかからないとかヤバイので常に「20km位」を心がければまだ安心でしょう。

 

チェーンのご用意を

私も車にチェーンを乗っけているのですが使ったことはありません。

ですが、環境をしっかりと見極めて少しでも滑りそうだと感じたら装着することをおすすめします。

 

4WD

これがベスト、っていうか何で自分雪山よく行くくせに4駆じゃねえのか分からんレベル。

滑りたくない、事故りたくないって思ったらまず4WDに変えましょう。

 

まとめ

2駆で行くときは兎に角スピードを出すことは避けましょう。

前回でまじでトラウマになりかけたけど雪山へはまだまだ行きますよ!

運転スキルを磨いて快適な道中を楽しみましょう!

 

それじゃあまた!!

スポンサーリンク