お知らせ:アマゾンエコーが2台で半額購入出来る!
グラトリ

GRAYのグラトリ板紹介!TRICKSTICKが超進化【19-20モデルレポート】

 

どうもまめじぇふ(Twitter:@jefflymame,insta:@mamejeff1)です。

2019年インタースタイルレポート第2弾!

GRAY SNOWBOARDSの来期グラトリ板を紹介していきます。

GRAYはグランドトリック板の再開発を進める中、ここ数年で多くの新規ライダーを参入し全力の板開発を進めてきました。

メンバーもリザルトを残す猛者たちが集い、テストを重ね本気の板が今季完成したようです。

なかでも注目はTRICKSTICKですね。もう原型ないレベルで進化している様。

今回の展示会ではGRAY SNOWBOARDSライダーの松本尚也さん(なおやん)に情報を頂きました。

※情報を自分なりにまとめたものなので、実際のスペックとは異なる場合もありますのであらかじめご了承ください

GRAY SNOWBOARDSとは?

f:id:mamejeff:20190220222611p:plain

GRAY SNOWBOARDSは1998年に創立し、金型設計から素材選定まで独自の目線で板を作り上げて来たスノーボードブランドです。

元々グラトリ用と謳った板は出していましたが、近年になって再開発を進めました。

ライダーは阿久津渉、鈴鹿隼人、松本尚也などグラトリだけでないジャンルを問わず数多くのライダーが集っています。

TRICKSTICK(トリックスティック)

f:id:mamejeff:20190220230523j:plain
17-18モデルではダブルキャンバー、18-19シーズンではシングルキャンバー、そして来期はアクティブキャンバー(可変キャンバー)へと超進化しました!

以前はジブ用も謳っていたのですが、完全グラトリ用モデルへと変貌しましたね。

GRAYモンがメタルグレイモンになった感じっすね。

はい、

TRICKSTICKのポイントは以下です。

point

ベース形状・・・可変キャンバー

内部技術①・・・ハイカーボンステンレスエッジ

内部技術②・・・スーパーライトコア、メッシュグラスファイバープレート

フレックス・・・センターフレックス柔らかく

可変キャンバーになったことで、プレス時により面で捉えることが容易になりました。

そしてフレックスパターンを見直しセンター柔らかめ、ノーズテールに張りを持たせることで、トーションを使い易いのにしっかりとした反発を得られる板に仕上がっています。

昨シーズンは逆のフレックスパターンで、初めて乗った気がしない位すごく乗り易い板だったので実際の乗り味に期待ですね。

TRICKSTICK18-19の試乗感想

またラントリでお馴染みの松本尚也さんも開発に加わっており、ハイスピードでの安定感も持ち合わせています。

まだGRAYに乗った事ない人にはぜひ試してほしい一本です。

もちろんレディースラインもあります!

レディースラインは女性の脚力を考慮してメンズモデルよりもノーズテールのフレックスバランスが若干柔らかくなっています。

こういう細かい配慮が嬉しいですね。

サイズ一覧

138,144,148,151,154

こんな人にオススメ

  • 可変キャンバーが好き
  • 安定した乗り心地
  • グラトリオールラウンド

EPIC(エピック)

f:id:mamejeff:20190220233556j:plain
EPICはグラトリでも使えるオールラウンド系板です。

point

ベース形状・・・可変キャンバー

内部技術①・・・ハイカーボンステンレスエッジ

内部技術②・・・スーパーライトコア、メッシュグラスファイバープレート

フレックス・・・TRICK STICKより固め

フルツイン・可変キャンバーを搭載しています。

フレックスはTRICK STICKよりも硬めに設定されており、TRICK STICKよりランでの安定、クイックな反発を求める人は選んでもいい一本です。

フレックス硬い分プレス系は若干しんどいかもしれません。

サイズ一覧

144,148,151,154,157

こんな人にオススメ

  • より安定したラン
  • クイックな反発

SOLID(ソリッド)

f:id:mamejeff:20190221203959j:plain

SOLIDはシングルキャンバー(フルキャンバー)のグラトリモデルです。

point

ベース形状・・・シングルキャンバー

内部技術・・・ポプラウッドコア

フレックス・・・両端柔らかめ

スペックはエントリーモデル寄りです。

可変よりもフルキャンバーが良いという方にオススメの一本。

両端を柔らかめに設定することでキャンバーでも容易にプレスが出来、キャンバー独自のポップ感もあります。

トーションも使い易いフレックスパターンと軽量のポプラウッドコアを使用することで取り回しを良くしています。

ソールはP-TEX 2000 Sinterd Base。

サイズ一覧

138,142,146,151,154

こんな人にオススメ

  • エントリーモデル
  • キャンバーの好きな人

R.P.M(アールピーエム)

f:id:mamejeff:20190221002243j:plain

R.P.Mはハイブリッドキャンバー&ロッカーという不思議な形状で容易なプレスコントロールを実現した板です。

point

ベース形状・・・ハイブリッドキャンバー&ロッカー

ソール・・・ISO7500シンタード

フレックス・・・数値上はEPIC程度

ハイブリッドキャンバー&ロッカーはダブルキャンバーとはまた違い、スタンス感がキャンバーになっていて浮いている形状です。

そして両端がロッカーで浮いているのでプレス操作が簡単に出来るモデルです。

メンズ、レディース両方取り揃えており、それぞれでフレックスパターンを微調整しています。

フレックスは若干硬めに設定してランの安定感を持たせていますが、ロッカー形状なのでトリックにおいてはそれほど硬いとは感じないと思われます。

低価格帯ですが、ソールはISO7500シンタードを採用していて走りも良いです。

サイズ一覧

138,139,143,147L,147M,150,153,156

※Lはレディース、Mはメンズ

こんな人にオススメ

  • ダブキャン系が好き
  • 低価格帯

最後に

これまでGRAYはTRICK STICK以外の板をあまり知らず比較不足ですが、それぞれ個性のある板を出してきています。

R.P.M.の形状も乗り系が好きな人であれば一度乗ってみると面白い板かもしれません。

GRAYライダーが揃ったカッコいいPVも解禁されたのでチェックしてみて下さい!

www.youtube.com

それじゃあまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です