お知らせ:アマゾンエコーが2台で半額購入出来る!
グラトリ

【グラトリ歴5年】グラトリ板で安くてコスパ重視のおすすめ板を紹介!試乗もしてます!

 

どうもまめじぇふ(Twitter:@jefflymame,insta:@mamejeff1)です。

悩メン
悩メン
グラトリ始めたいけど、どの板が良いのか分からんし値段も高いからうかつに手が出せない、、、。
まめじぇふ
まめじぇふ
そんな迷える初心者の強い味方となる為にコスパの良い板をひたすらに紹介しますよ!

初心者にとって安さはマジで大事な要素の1つなので単に性能が良いものをオススメしたって無駄金使わされたってなりかねません。

安さとコスパは何を選ぶ時も大事な事!

まめじぇふ
まめじぇふ
今回はグラトリに使えるコスパの高い板を初心者でも分かり易く紹介していくよ!

グラトリ板に向いている板はどんなもの?

グラトリ板と一概に言っても初めて買う人にとっては違いなんて分かりませんよね。

なのでもし実際に触って比べられる機会があるならこの3点を気にすればグラトリに向いている板がざっくりと分かります。

グラトリ向き板の特徴

  • センターフレックスが柔らかいもの
  • アウトラインはツインチップ
  • 板の軽さ

センターフレックスが柔らかい物

グラトリで最も大事な動作の1つがプレスです。

板の真ん中らへんをグイっとしならせて片足に重心を乗せる基本的な技。

そのプレスをやり易くするためには板のセンターフレックスが柔らかいことが重要です!

最近の新作グラトリモデルを見ると大体の物がセンターを薄くしてフレックスを柔らかくしているのが証拠です。

RICE28の公式パンフレットにも載っているのですがこんな感じで真ん中凹ませてたりします。

f:id:mamejeff:20190224201744j:plain

また、ノーリーなどの跳び系をする時にも板のセンターをしならせることで反発を得るのでやはりセンターフレックスが硬いものはグラトリでは扱いづらいでしょう。

ですが、脚力の強い人が柔らかすぎる物を選ぶとプレスでまくられる原因にもなったりするので、単純思考で柔らかい物を買うのはオススメしません

まめじぇふ
まめじぇふ
初心者は動きも分からんから柔らかい方が覚えやすい

アウトラインはツインチップ

アウトラインは板の外周の形状です。

”ツインチップ”は外周の形状、左右のビス位置が左右対称の板を言います。

グラトリではどちらの滑る向きでも同じ技が出来ると最高にカッコいいので、その為に左右対称にしておかないと逆方向で違和感が生まれる可能性があります。

まめじぇふ
まめじぇふ
グラトリやるならツインチップを選んで左右の感覚を同じにしておきましょう。

板の軽さ

これに関しては結構人の好みなのですが、初心者に関しては軽い物をオススメしたいです。

板が重いとオーリーなどの跳び系が板の重みでやり辛いと感じるかもしれません。

そしてプレスの時も重い分疲労がたまりやすいのも初心者にとっては大ダメージです。

修行の為にあえて重い板を選ぶのもありですが、初めは軽いくて柔らかめのもの物で動きを覚えましょう。

もっと詳しい板の選び方を知りたいならコチラの記事を読んでみてください!

コスパの高い板紹介

グラトリ板をいざ選ぼうと思うと性能良く分からんし、ぶっちゃけ高い。

平均の値段で8万とかします。

しかし、メーカーによってはこれより安い値段でグラトリモデルを打ち出しています。

5万円台のエントリーモデルと言えど性能は間違いないので選んで後悔も少ないと思います。

TNT(FNTC)

「TNT」は2018年に始動した新ブランドの”FNTC”が出しているエントリーモデルです。

新ブランドと言えど、兄弟会社はFANATICと言う有名ブランドなので安心感は抜群。

ライダーには旧FTWOから瀧澤憲一さん、山本純士さんなど数多く所属しています。

形状はダブルキャンバーなのでプレスが容易に出来、両足が離れたような板さばきが可能です。

エントリーモデルだからってターンは切れるし、反発も余裕で返ってきます。

まめの試乗コメント

まめじぇふ
まめじぇふ
ダブルキャンバーなだけあってプレスしようと片足に体重かけると余裕でもう片方の足が浮きます。プレスは初心者にとって最大の課題なので容易に姿勢を覚えられるのはメリットです。

ライダーの中川智貴さんが使うとこんな感じでキレッキレです!

GROWENT(YONEX)

スポーツ界で有名なYONEXが出しているエントリーモデル。

ライダーは吉武大貴さんなどが努めています。

特徴は板の両端にカーボンリボンが入っていることでクイックな反発や、粘る点乗りを楽しめます。

そして初心者にも扱いやすいフレックスバランスになっていてめちゃくちゃ使い易いです。

正直コスパの良いエントリーモデルの中でもトップクラスの性能だと思います。

まめの試乗コメント

まめじぇふ
まめじぇふ
私はこれの上位モデルACHSEに乗っているのですが、試乗会でGROWENTに乗ってみたら点乗りの耐え具合がとんでもなく良いし、ノーリーも余裕で高く飛べるので正直乗り換えても良いなって思うレベルでした。欲しい、、、。

ライダーのFujita Amaneさんが使うとトリッキーな動きもサクサクです。

この投稿をInstagramで見る

シーズンアウトしました! 今シーズンは色々と新しい挑戦もありましたが、たくさんの人の力を借りながら、充実したシーズンとなりました! 本当にありがとうございました! 来季のグローウェントはトータルフレックス(板の硬さ)が調整され、非常に乗りやすく操作性の高い板となっています。 アクセと同様にバイン下からノーズ、テールに伸びるカーボンリボンが反発力を生み出し、弾き系のトリックも乗り系のトリックも高いパフォーマンスを引き出してくれるので、自信を持ってオススメできる板です! #YONEX #ヨネックス #ACHSE #GROWENT #yonexsnowboard @yonex_snowboard #ラシェーヌ @la_chaine_film_works #グラトリ #groundtrick #groundtricks #スノーボード #snowboard #snow #スノボ #スノボー #goPro #goProのある生活 #鷲ヶ岳 #平日組 #高鷲ダイナ #高鷲 #ウイングヒルズ #ラシェーヌ #フリーク @freaksince1983 #平日ライダーズ #L1 #ゆるトリ #ぐずぐずジャパン #스노보드 #스노우보드

フジタ アマネさん(@ama_fj)がシェアした投稿 –

IMAGINATION

f:id:mamejeff:20190322235219j:plain

plutonium snowboard(プルトニウムスノーボード)という厳つい名前のブランドが出している比較的安価な板です。

定価税込みだと6万こえるのですが、めちゃめちゃ使い易い板になってます。

全体的にフレックスが柔らかく可変キャンバーでプレスもお手軽に出来てしまいます。

まめの試乗コメント

まめじぇふ
まめじぇふ
柔らかいのに点乗りもしっかり耐えてスタイル作れるし、何よりランが安定するから滑りながらトリックを繋げやすい!可変キャンバーの扱いやすさを体感してほしいです。

使用しているのはまた別のモデルですが、こうきさんなどプルトニウムライダー達の滑りです。ノーリーがおかしい高さ。

この投稿をInstagramで見る

19-20 Plutonium Brain 🎥 rider: @k0oooo0ki 150㎝使用 @__rsk0and0__ 153㎝使用 19-20 Brain 新しく150㎝が増えました😄✨ Brainは反発が速いのももちろん、トーションが効きやすいので、板の張りあるのに細かい動きがしやすい🤣 ライダー2人共々「何しててもソールがカッケェ」 これから試乗会シーズン、是非手にとって見て、試乗してみて下さい😊 分からない事、気になる事あればDM気軽にしてください😀✨ 16.17.18ホワイトピア高鷲 試乗会に居ますので、是非ブースまで足を運んでみてください😊✨ #plutonium#acc#showtimecollective #qrious#groundtrick #グラトリ男子#グラトリ女子 #グラトリ#snowboard #fun #funride#snowboarding #スノボー#スノーボード#japan #스노우보드 #awesome

ko-kiさん(@k0oooo0ki)がシェアした投稿 –

もっと安い板を手に入れる方法

とは言ってもやはり5万円台で大々的にグラトリモデルでだしているモデルはこの2機種くらいです。

ですが、他にも安く板を手に入れる方法もあります。

  • 型落ちモデルを狙う
  • 海外モデルを狙う
  • メルカリとか使う

型落ちモデルを狙う

型落ちモデルを狙うのはかなりお得です!

上手く探せば8,9万のものが5万円台で買える可能性もあります。

ですが、どのショップもなかなか値引きはしないので探すのはかなり難易度高いですが、今回紹介した2モデルなら絶対数が多いので探しやすいかも。

海外モデルを狙う

海外モデルも上手く探せば割とグラトリに使えるモデルもあります。

そして海外モデルは3,4万で買えてしまうモデルもあるので性能が分かるなら海外モデル狙いもアリです。

実際に使っている人もいるのでショップで聞いてみるのもありかも!

メルカリを使う

あまりオススメはしませんがメルカリでスノボ板を出品している人もいます。

滑走日数を提示してくれている事もありますが、安易に購入するとかなり使い込まれている板の可能性もあるので十分に出品者に確認をしてから購入を検討しましょう。

コスパの高いグラトリ板のまとめ

グラトリ板となるとどうしても国産モデルが主流になっているので安価なものを探すのはなかなか難しいところがありました。

ですが、国産はグラトリに特化してきているのでやはり使い易さは間違いありません!

も少し値段を上げればエントリーモデルの幅も広がるのでそちらから選んでみるのも良いでしょう。

国産グラトリ板のまとめも書いているので参考にしてみては如何でしょうか?

それじゃあまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です