まめじぇふ!

マメで真面目な雑記録。ラーメン、ゲーム、ガジェット、音楽、ペンタブ修行など20代の視点から見つめる。

スノボ板の試乗会に行くメリット!初心者でも板の違いは分かる!

f:id:mamejeff:20190122232305j:plain

 

どうもまめじぇふ(@jefflymame)です。

グラトリ板が欲しいけどどれがどんな板なのか分からないよ
自分に合わないものも買いたく無いし

そう思っているあなたは試乗会に行くことをオススメします!

でも初心者じゃ板の違いなんてわからないでしょ??

そんな事ありませんよ!実際ターンが出来る程度の子でも板の性能を実感する事は出来ます!

 

そこで今回は、実際に試乗会に行くメリットと初めて行く人が確認しておきたい板の性能を教えます!

 

スポンサーリンク

 

試乗会へ行くメリットとは?

毎年2月頃から始まるスノボイベントが試乗会です。

試乗会とは全国のショップが自身の店舗で取り扱っているブランドの来期モデルをお客に披露し、実際に乗ってもらい性能を知ってもらうイベントです。

 

試乗会へ参加するメリットは大きく3つあります。

メリット
  • メーカーやライダーに生の声が聞ける
  • 沢山の板を乗り比べられる
  • 自分に合った板を知れる

 

メーカーやライダーに生の声が聞ける

試乗会のブースにはメーカースタッフやライダーさんも顔を出している事が多いので、実際にテストしてきた人達に直接感想を聞けます。

パンフレットには載らないぶっちゃけ話まで聞けたりもしますよ。

板の選び方や、反発の良いモデルはどれかなど思い切って色々と聞いて知識を増やせる場でもあります。

 

沢山の板を乗り比べられる

先程も言いましたが試乗会にはたくさんのメーカーが出展しています。

有名メーカーから中にはあまり聞いた事の無いメーカーもあるでしょう。

それらを乗り比べてみると、思わぬ板が調子いいぞってなる事も十分にあるのが試乗会の面白いところです。

 

自分に合った板を知れる

板によってフレックス(柔らかさ)も違えばトーションも反発もターンのキレ味も全く異なります。

この板が欲しい!って最初の理想を描いていても実際乗ってみると

あれ、思ってた乗り味と何だか違うな。この板じゃないかも。

と思う事もしばしばあります。

実は張りのある板が好きだったり、ラン向きの板が気になったり思わぬ自分の感覚に出会えるチャンスでもあります!

 

初心者でも板の違いは分かるの?

勿論分かります!

 

確認するポイントをしっかりと抑えておけば初心者でも自分に合った板と出会う事も容易いです。

実際にターン出来るくらいの初心者の子に板を乗り比べてもらったらその違いに気づいてもらえました!

なので迷っていたら無駄とは思わず参加してみてください。

 

乗る時に気にしてみるポイント

平地での確認ポイント

  • 乗る前に板を曲げてフレックスの確認
  • プレスのし易さ
  • トーションが効くか

 

滑走の確認ポイント

  • 板がしっかり走るか
  • オーリーの反発はどうか
  • プレスのし易さ

 

板を曲げてフレックスの確認

f:id:mamejeff:20190122234119j:plain

片側は地につけ反対側は手で固定し、板の中心を手でグッと力強く押してみてください。

その時のしなりがフレックスです。

何本か試してみれば柔い硬いの違いが分かるはずです。

 

プレスのし易さ

プレスも出来たらやってみてください。

人によって脚力が全然違うので硬い板だとプレス出来ん。なんて事もあります。

自分の脚力でしっかりしならせられる板を選びましょう。

プレスまだ出来ないって人は手で板を曲げた時に柔らかいと思うものを選ぶと良いでしょう。

 

トーションの確認

板を履いた状態で前足をつま先とかかとへ交互に力を入れてみてください。

力の入れ方は板を捻じ曲げるイメージです。

板によってトーションの硬さも違うのでいくつか試してみると違いも分かると思います。

 

トーションは出来るだけ柔らかい板を選べばエッジをうまく使えますよ。

 

オーリーの反発はどうか

反発を確認するなら一発オーリーをかけてみるのが手っ取り早いでしょう。

軽い力でバイーンと跳ねればそれ選びましょ。

反発ある板は面白いです。

 

もしオーリーまだ出来ないというのであれば手で思いっきりしならせた状態でパッと手を離してみましょう。反発で板が跳ねるのでその高さを比べてみましょう。

 

試乗会に準備する物は?

試乗会を十分に楽しむ為に必要なものをピックアップしておきます。

 

持ち物

  • マイブーツ
  • マイビンディング
  • 参加費
  • リフト券
  • 事前予約

確認する事

  • スタンス(幅)
  • アングル(角度)
  • 板の長さ

 

試乗会ではあくまで板の貸し出しなのでブーツとビンディングは絶対忘れないようにしましょう。

場所によってはビンディングメーカーの出展もあるのでついでにビンディングも試すのもありですよ。

 

あと、スタンス・アングルはしっかりと覚えておきましょう。いつもの設定で滑らないと試しても感覚が変わって比較になりません。

テキトーに付けてもらうのだけは止めましょう。

 

ショップによっては事前予約をすることで安く参加出来るので行きたいと思った試乗会があればショップで確認をしてみましょう。

参加費も大体500円位かかるので忘れずに準備しておきましょう。

 

スノボ板の試乗会まとめ

最後にもう一度、試乗会で確認したい板のポイントを載せておきます。

乗る時に気にしてみるポイント

平地での確認ポイント

  • 乗る前に板を曲げてフレックスの確認
  • プレスのし易さ
  • トーションが効くか

 

滑走の確認ポイント

  • 板がしっかり走るか
  • オーリーの反発はどうか
  • プレスのし易さ

 

以上を確認しておけばあまり失敗することなく自分に合った板を選ぶことが出来るでしょう。

グラトリ板を探しているのであれば、話題の板をまとめたものがあるので是非参考にしてみてください。

18-19年モデルおすすめ板まとめ!

 

質問や疑問に答えます!

スノボやグラトリを始めたばかりで分からないことがあれば質問してください!

板の選び方や上達の仕方まで分かる範囲で答えます。

自分自身めっちゃうまいわけでは無いですが、苦労して覚えた分初心者の気持ちはめちゃめちゃ分かるので気軽に質問してくださいね。

お問い合わせ

Twitterのまめじぇふ(@jefflymame)にDMも大丈夫です。

Copyright ©まめじぇふ! All rights reserved.